GooglePlayカードはカードタイプとギフトコードが発行されるタイプに分けられる

GooglePlayカードとは、GooglePlayで利用できるプリペイドカードのことを指します。

カードに記載されている番号をGoogleのアカウントに登録するだけで、GooglePlay内で利用できるものです。

実際に使う場合には、アプリや音楽のほか電子書籍の購入にも利用できるという特徴があげられます。

ではGooglePlayカードを購入したい場合、どのくらいの値段になるのでしょうか。

購入できる種類や購入場所も合わせて考えてみましょう。

  • 買取ボブ
    詳細はコチラ
  • 買取大和
    詳細はコチラ
  • 買取将軍
    詳細はコチラ

googleカード 種類 値段 ①

GooglePlayカードの購入を考えているなら、最初にどのような種類があるのか把握するところから始めましょう。

種類は大きく分けると実店舗などで購入できるカードタイプと、一部のオンラインショップなどで購入して利用できるGooglePlayのギフトコードに分けられます。

カードタイプの種類を選ぶメリットの1つが、自分で使うように購入するのではなく、家族や友達へのプレゼント用としても利用しやすいという点です。

プレゼント用の封筒や箱などを工夫することで、センスのあるプレゼントにできるかもしれません。

一方でギフトコードの種類は、使い終わったカードの処分の手間がかからないというメリットもあります。

プレゼント用にGooglePlayカードのギフトコードを購入したい場合、ギフトコードをメールなどに記載して伝えるという選択肢もあります。

状況に合わせてカードタイプがいいのかギフトコードのタイプがいいのか判断することが大切です。

googleカード 種類 値段 ②

GooglePlayカードの種類を考えるときに注意が必要なポイントの1つが、どのくらいの金額のタイプが販売されているのかという点です。

カードタイプの種類を購入する場合、金額固定のカードを購入することが可能です。

1,500円や3,000円のほか、10,000円や15,000円などの額面のカードも販売されています。

金額が固定されているタイプは全部で6種類用意されているので、用途などに合わせて購入する額面を選びましょう。

またカードタイプの場合、1,500円~50,000円までの間で自由に金額を決められるバリアブルカードを選ぶことも可能です。

一方でGooglePlayカードのギフトコードにおけるメリットが、少額利用の場合にも利用しやすいという点です。

カードタイプにおける最低金額は1,500円ですが、ギフトコードの場合には1,500円より少ない金額を指定して購入できます。

使う分だけ1円単位でぴったり購入したいという場合であれば、ギフトコードタイプのGooglePlayカードが適しているかもしれません。

googleカード 種類 値段 ③

実際にGooglePlayカードを入手したい場合、どのような場所で購入できるのでしょうか。

実店舗でカードタイプのGooglePlayカードを購入したい場合、幅広いお店で販売されているため、自分が利用しやすい店舗を選んで購入が可能です。

例えばコンビニや家電量販店のほか、スーパーやゲームショップなどで販売されている場合もあります。

購入するときには、レジ横などにカードが設置されている場合が多いので、希望する額面のGooglePlayカードを選んでレジへ持っていきましょう。

レジで精算が終わったら、カードに記載されているデジタルコードを自分のGoogleアカウントに登録するだけで、アプリや電子書籍の購入などに利用できます。

またオンラインショップでGooglePlayカードを購入したい場合、GooglePlayカードを扱っている公認オンラインショップを利用するという選択肢もあります。

利用するオンラインショップによっては、100円からGooglePlayカードを購入できます。

googleカード 種類 値段 ④

少しでも安くGooglePlayカードを入手したいのであれば、インターネット上のギフト券販売サイトを利用するという方法もあります。
インターネット上で個人から買い取ったGooglePlayカードなどのギフト券を額面より安い値段で販売しているのが、ギフト券販売サイトです。

実際にどのくらいの値段で購入できるかは、利用するギフト券販売サイトによって異なります。

サイトごとの値段を比較して、少しでもお得に購入できる方法を選ぶことも可能です。

またGooglePlayカードをギフト券販売サイトで購入する場合に注意が必要となるのが、トラブルに巻き込まれる場合もあるという点です。

使用済みのギフト券を購入させられた、手数料が高くて損をしたなどのトラブルがないように、信頼できるギフト券販売サイトを選ぶことを忘れないようにしましょう。

ギフト券販売サイトの実績や利用者の評判を確認することで、安全に利用できる可能性が高いサイトを選べます。

googleカード 種類 値段 まとめ

GooglePlayカードには、カードタイプとオンライン上でギフトコードが発行されるタイプにわけられます。

カードタイプの場合、封筒に入れるなどの形でプレゼント用としても利用しやすいというメリットがあります。

またGooglePlayカードにおける値段は、購入する種類によって異なります。

例えばカードタイプの場合、コンビニや家電量販店などで購入できますが、このとき1,500円や3,000円など6種類の額面の中から好きなものを選べます。

バリアブルカードであれば、1,500円~50,000円の中で自分が好きな額面を指定して購入可能です。

一方オンラインショップで購入できるGooglePlayカードのギフトコードは、利用するオンラインショップにもよりますが、100円からもしくは500円からというように少額利用もできる仕組みになっています。

1円単位で好きな金額を決められるようになっているため、使う金額ぴったりで購入できるのも特徴の1つです。

  • 買取ボブ
    詳細はコチラ
  • 買取大和
    詳細はコチラ
  • 買取将軍
    詳細はコチラ

以上、GooglePlayカードは自由に値段を指定して購入することも可能…でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして『現田 香枝松』ことげんちゃんといいます。自分はこのサイトで、現金化の情報を発信していきます。