itunesカードを早く現金化したい場合にどういった方法が適しているのかを紹介

急にお金が必要になった時には、不要なitunesカードを現金化することも一つの有効な選択だと言えます。

しかしそれにも様々な方法があり、どの方法を取るかによって実際に現金を手にできる早さも変わってきます。

ここではどの方法が一番早くitunesカードを現金にできるのか、という点について解説します。

・itunesカードを売却する方法は、主に4種類存在している
・一番早く現金化できる可能性が高いのは、ネットの買取サイト
・買取サイトを利用した場合、実際にはどれくらいの早さで現金化できる?
・買取サイトでもプランによってスピードが違う場合がある点には注意しよう

  • 買取ボブ
    詳細はコチラ
  • 買取大和
    詳細はコチラ
  • 買取将軍
    詳細はコチラ

itunesカードを売却する方法は、主に4種類存在している

itunesカードを現金化するというのは簡単に言えば、自分の所有するitunesカードを誰かに買い取ってもらうということです。

itunesカードを有効に使うことのできる人にとっては額面よりも低めの価格で購入することができ、itunesカードが余っている人にとっては、手っ取り早く現金にできるといったメリットがあります。

その売る方法については相手やシステムによって大きく4種類あり、一つはオークションサイトなど、ネットを介して必要な人に売るという方法。

もう一つは友人や知人など、自分の直接の知り合いに売る方法。
そして金券ショップなど買い取りを行っている店舗を利用する方法と、ネットの買取業者に買い取ってもらうという方法です。

それぞれにメリットとデメリットがあり、どれを選択するかは売る側のその時の状況や、最も重視する点によって異なりますが、本記事では早さをテーマとしているため、早さに焦点を絞って話を進めていきましょう。

一番早く現金化できる可能性が高いのは、ネットの買取サイト

それでは先に挙げた4種類の買取方法について、早さの観点から一つずつ見ていきましょう。

まずオークションサイトですが、あくまで買い取る相手が存在していないと売れないので、スピードに関してはすぐの場合もあれば非常に遅くなる場合もあり、一定ではありません。

知り合いに売る場合は、これも即買い取ってくれるような相手がいつもいればいいですが、そうでない人にとっては相手を探すまでに時間を要し、早いとは言えないでしょう。

金券ショップなどの実店舗では店に行けばすぐに買い取ってもらうことはできますが、営業時間内であることと、店に行くまでの時間が必要となります。

こうした点を踏まえると、基本的にいつでも受け付けており、申し込みたい時にはネット環境さえあればすぐに可能なネットの買取サイトが最もスピーディだと言えます。

総合的に見れば、ネットの買取サイトがもっとも平均して早い現金化を期待できるという結論になるでしょう。

買取サイトを利用した場合、実際にはどれくらいの早さで現金化できる?

では実際にネットの買取サイトがどれくらい早いのかを見ていきましょう。

まず買取サイトのメリットは、ほとんどが原則的に24時間対応となっているという点です。

申し込み方法は公式サイトの専用フォームから必要なことを書き込んで申し込むだけという非常に簡単なものです。

特にメールにコードが記載されているタイプのギフト券であれば、そのコードを入力するだけですぐに口座に振り込んでもらうことも可能で、早ければ30分から1時間程度で申し込みから振り込みまで完了するという早さです。

他の方法では移動や相手が見つかるまでの時間があり、さらに早くなるか遅くなるかも一定ではないという問題があるのに対して、買取サイトならば平均して大体の待ち時間を予想することができます。

かかる時間を計算しやすいという点も利用する上ではかなりのメリットになると言えるのではないでしょうか。

買取サイトでもプランによってスピードが違う場合がある点には注意しよう

ただ買取サイトであっても、どこもが必ず一様に早いとは限りません。
業者によっても対応する手順やスピードにも違いがあるので、あらかじめどのサイトが早いかなどは把握しておく必要があるでしょう。

また同じサイトでも買取プランがいくつか用意されている場合があります。

この買取プランとは客側の要望によって買い取り額や現金化までのスピードが変わるというもので、たとえばある業者では通常のプランの他に当日プランというものが用意されており、通常のプランでは振り込みが翌日以降になるところを、当日プランならば申し込んだ即日に振り込むことが可能、ただし、換金率は下がるというものです。

この例で言うと通常のプランならば換金率が85%のところを、当日プランだと75%になるといったことがあります。

早くなる代わりに、買い取り額は安くなってしまうということですね。

こうしたデメリットがある点には気をつけましょう。

まとめ・itunesカードを現金化するならばネットの買取サイトが早くておすすめ

急に現金が必要になった場合、手元にあるitunesカードを売却することで、手っ取り早く現金を手に入れるといった方法があります。

itunesカードを売却するには主にオークション・知人に売る・金券ショップなどの店舗で売る・ネットの買取サイトで売る、といった方法が考えられますが、最も安定した早さを期待できるのはネットの買取サイトです。

ネットの買取サイトは原則24時間受付で、ネット環境さえあればどこからでも申し込みができるので手続きが早く済ませられ、さらに振り込みも早ければ30分から1時間程度という業者も存在します。

ただしスピーディな業者では通常プランの他に当日プランが用意されていることもあり、当日プランは早い振り込みが期待できる一方で、換金率は通常のプランに比べると低くなります。

買取サイトがもっとも早いことに間違いはありませんが、プランに関してはどれだけ急いでいるか、どれだけの現金が必要かという各々の状況によって使い分けるのが良いと言えるでしょう。

  • 買取ボブ
    詳細はコチラ
  • 買取大和
    詳細はコチラ
  • 買取将軍
    詳細はコチラ

以上、itunesカードを現金化するならどの方法が早い?素早く換金する方法…でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして『現田 香枝松』ことげんちゃんといいます。自分はこのサイトで、現金化の情報を発信していきます。