身分証なしでiTunesカード買取はできる?身分証がない場合でもできる可能性とは

ネット上でAppleのサービスを利用することのできるiTunesカードはとても便利なものですが、クレジットカードを持っている人やサービスを利用しない人にとっては、売ってしまいたいということもあるかと思います。

その為に身分証はなくてはならないものなのか。
実状や他の手段などについても解説します。

・買取業者でのiTunesカードの買取には身分証は必須!
・買取に使える身分証にはどんなものがある?持っていない場合には?
・どうしても身分証が用意できない場合には?買取業者以外の選択も
・身分証が必要ないという業者は悪質業者の可能性が高いので注意

  • 買取ボブ
    詳細はコチラ
  • 買取大和
    詳細はコチラ
  • 買取将軍
    詳細はコチラ

買取業者でのiTunesカードの買取には身分証は必須!

まず第一に、iTunesカードの現金化に買取業者を利用しようと考える人は多いと思いますが、買取業者では身分証の提示は必須です。
これは買取業者を取り締まる古物商営業法という法律で定められているものであり、買取業者側からしても、身分証の確認はいわば義務なわけです。

そして法律でそう定まっていることにも理由があり、iTunesカードをはじめとした中古品の取り引きにはトラブルがつきものです。

品質による良し悪しなどの行き違いももちろんですが、時に万引きや窃盗で得た物品を現金化するための手段として使われることがあり、犯罪の温床となってしまうこともあります。

そうした事態を避けるために、後で違法なものや盗品であることが発覚した時でもそれを売った人物を辿っていけるように、身分証の確認が必須となったのです。

このため以前は任意で必要ないとしている業者もありましたが、現在ではどの店であっても身分証がなければ買取はできません。

買取に使える身分証にはどんなものがある?持っていない場合には?

一口に身分証明書と言ってもその種類には様々なものがあります。

基本的には本人であることが確認できればいいのですが、それが本当であるかどうかも証明できなければならないため、主に国や自治体の発行したもので、氏名や住所などの記載があることが求められます。

業者によっても細かな違いはありますが、一般的には「運転免許証」「健康保険証」「住基カード」「マイナンバーカード」などが身分証として使えます。

またこれらのものを持っていない場合でも原則的に本人であることが確認できればいいので、たとえば住民票、公共料金の支払い領収書などで代用できる場合もあります。

詳しくは各業者に問い合わせてみるといいでしょう。

そして通常は身分証の確認は初回の一回のみとしているところが多いです。

そうした業者では、初回の会員登録などの際に本人確認ができていれば後は身分証なしでも利用できるようになります。

どうしても身分証が用意できない場合には?買取業者以外の選択も

上記のような身分証がどうしても用意できないという場合には、買取業者は利用することができません。

しかしiTunesカードを現金化する方法は買取業者以外にも存在するので、それらを紹介しましょう。

その方法とは、オークションサイトやフリマアプリなどを利用することです。

どちらも原則的には本名を明かさずに売買ができるものであり、少なくとも取引相手に対してい身分証を提示する必要はありません。
登録の際には身分証を求められるサイトもありますが、モバイルなどがあれば本人確認なしに登録できるものも存在するため、そこでの身分証の提示は求められないでしょう。

他にも金券取引専用のマッチングサイトなどでは、電話番号や口座があれば本人確認は必要ないというところもあります。

ただしそれらのサイトでも、必要があれば本人確認を求めるとの注意書きがあることがほとんどなので、その点については意識しておく必要があります。

身分証が必要ないという業者は悪質業者の可能性が高いので注意

ここまで解説してきたように、iTunesカードの売買には原則的に身分証が必要であり、オークションサイトやフリマアプリ、マッチングサイトでは取引相手に身分証を提示する必要こそありませんが、登録の際には必要であったり、間接的に本人確認がされていたりするということがほとんどです。

しかし一方でそうした事情もあってか、身分証なしで買取できると謳っているような買取業者も存在しています。

ですがそうしたサイトのほとんどは、悪質業者である可能性がかなり高いと言えます。

先ほども解説したように、正規の認可を得て買取を行っている業者は、法律によって身分証の確認が義務付けられています。

つまりその確認を求めないと言うことは認可を得ていない業者である可能性は高く、そうした業者は、身分証が出せない利用者の足元を見て詐欺などを行っている可能性は高いと考えられます。

甘い言葉に乗せられないように気をつけましょう。

原則的にiTunesカードの買取に身分証は必須!悪質業者に気をつけよう

便利ではあるものの、クレジットカード持ちなどにとってはあまり意味がなく、売って現金にしてしまいたいと考える人も多いiTunesカード。

買い取ってもらうことのできる業者は古物商営業法によって身分証の確認が義務付けられているため、身分証の提示なしにiTunesカードを売ることはできません。

身分証は運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどが一般的ですが、それらを持っていなくても公共料金の領収書や住民票などによって代替することも買取業者によっては可能です。

また個人取引を仲介するオークションサイトやフリマアプリ、マッチングサイトなどであれば取引相手に身分証を提示する必要はなく、登録も他の方法ですることができるものもあります。

買取業者の中には身分証が必要ないとしているものもありますが、それらは悪質業者である可能性が高いので気をつけましょう。

安全性に注意しながら、自分の状況に合った方法でiTunesカードの売買を行うようにしてください。

  • 買取ボブ
    詳細はコチラ
  • 買取大和
    詳細はコチラ
  • 買取将軍
    詳細はコチラ

以上、iTunesカードの買取は身分証なしでも大丈夫?必要性や他の方法も解説…でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして『現田 香枝松』ことげんちゃんといいます。自分はこのサイトで、現金化の情報を発信していきます。